fc2ブログ

teamviewerのセキュリティを上げてみる

とは言っても簡単で尚且つ無料でできるものです。

teamviewerというソフト
非常に簡単にリモート構築出来てAndroid/iOSにも対応なのでタブレットPCには嬉しいですね。
パソコンの容量を丸々使えるのですから。

ただ逆に簡単すぎるゆえにセキュリティが心配
そこで簡単に出来るセキュリティ向上方法を教えます。

分からなければ飛ばしてOK---------------

まず考えてみた。
仮想OS上にteamviewer入れればセキュリティがたいぶ上がるのでは?
しかも仮想OSをウィルスが比較的少ないubuntuにすれば尚安心
なんせウィルスの90%以上がwindowsを対象にしたウィルス。
ubuntuにするだけでwindowsの時と比べウィルスリスクが30倍~40倍減少(適当)

しかも仮想OSなら仮に第三者にリモートアクセスされても
仮想OS上にパスワードなどの重要なファイルを置いていない限り機密ファイルの流出は防げる。

うっかりteamviewerを起動したままでも大丈夫

と言うことでまず VirtualBox にubuntuをインストール。
WS000002.jpg

仮想OSの容量はどうせDドライブをマウントするので適当でいいですが16Gぐらいは欲しいですね。
インストール後は共通動作へ
---------------

まず公式サイトからソフトをDownload
http://www.teamviewer.com/ja/index.aspx

日本語対応なので流れに沿ってインストール。
分からなければデフォルトで大丈夫です。

インストール後起動するとこのような画面が出てくる
WS000000.jpg
このままでも使えますがパスワードが数字4桁とかどうみてもザルなので・・・
運営はナニ考えているんでしょうね


とりあえずオプションで仕様変更
WS000004.jpg

まずwindowsが起動したら自動的に起動されるチェックとトレイを外しましょう。WS000006.jpg
うっかり起動したままとかあったら嫌ですからね
プロキシとLANなんちゃらはデフォルトでいいでしょう。


事前パスワードは英数字の大文字小文字合わせた12桁以上が望ましいですね。
(月に1回ぐらい定期的に変えましょう)
ランダムパスワードは10桁にしておきましょう。
WS000007.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0