fc2ブログ

レノボ、HP……PCメーカーの「Made in Japan回帰」はなぜか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120424-00000001-president-bus_all

米沢事業所の優れた「クイック・レスポンス」力

 中国のパソコンメーカー、レノボが日本の米沢工場でパソコンの生産をはじめるというニュースが報道された。レノボは、IBMのパソコン事業を買収した会社である。昨年は、NECと合弁会社(レノボが過半数保有)を設立し、NECのパソコン事業を統合した。この統合はNECにとってもメリットがあった。レノボの部品調達力を利用して部品コストを下げることができるようになり、NECの国内でのシェアは上昇した。

■日本の高い量産品質を支える4つのカギ

 メード・イン・ジャパンの価値を生み出すもう一つの源泉は、量産品質の高さである。故障が少ない、異常が少ない、サービスが不要であるなどのメリットである。日本の工場の量産品質の高さは、4つのことから生み出されている。
関連記事
スポンサーサイト