fc2ブログ

ギリシャ第1党、連立交渉失敗…再選挙の可能性

ギリシャ総選挙で第1党となった財政緊縮策支持派の「新民主主義党(ND)」のサマラス党首は7日、パプリアス大統領の委任を受けて行った連立政権樹立に向けた各党との交渉に失敗し、委任を返上した。


 今後、第2、第3党に引き継がれる連立交渉は更なる難航が予想され、6月にも再選挙が行われる可能性が高まった。同国での政治空白が長引けば財政再建が遅れ、欧州の財政・金融危機への不安が再燃するのは不可避だ。

 ギリシャでは総選挙で単独過半数を得た政党がない場合、大統領が第1~3党の党首に順次、各3日間の期限で連立政権樹立を委任する。いずれの党も連立合意に失敗した場合は、再選挙が行われる。

 サマラス党首は7日、旧連立与党で緊縮支持の第3党「全ギリシャ社会主義運動(PASOK)」に加え、反緊縮派である第2党の「急進左派連合」および「民主左派」の各党首と会談したが、反緊縮派2党に協力を拒否された。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120508-OYT1T00532.htm
関連記事
スポンサーサイト