fc2ブログ

ジャガイモの芽について・・・ソラニン

よく「ジャガイモの芽を取らないと死ぬ!」と言いますよね
理由はジャガイモの芽にソラニンと言われる物質が多く含まれているためです。


●ジャガイモについて
 ジャガイモには皮と芽の部分にソラニンが多く含まれています。
また発芽した芽や緑色っぽくなった皮には通常の数倍から数十倍のソラニンが含まれています。

●ジャガイモの管理方法
 色々な理由がありますが暗室で保管するのが一般的です。
先ほど説明した通り、発芽させずに保管することが一番重要です。


●致死量について
ジャガイモの0.02%がグリコアルカロイド(ソラニンなど)と言われており
グリコアルカロイドを200mg~400mg程度摂取すると中毒症状が出始めます。
 つまりジャガイモ1kgあたり20mg程度と言うわけです。この数値から見てわかる通り普段は意識せずとも問題のないレベルの値です。但し乳幼児や発芽したジャガイモを摂取した場合はこの限りではありません。


●中毒症状について
 大抵は致死量を食べる前に中毒症状が出始めるため、死ぬことは極稀です。
中毒症状は摂取後30分程度したら「嘔吐や頭痛、幻覚症状」が3日間程度出ると言われています。


●発芽したジャガイモは危険?
 そのまま芽ごと食べるのは大変危険です。
但し芽の部分を厚めに取り、食べられる部分は通常のジャガイモの3分の1程度になりますが食えない事は無いです。
また皮は取りましょう。皮の部分にも多く含まれています。

●芽を食べちゃったけどどうしよう?
 通常の摂取の範囲内なら問題ありません。

●子供に対しては?
 子供は大人の10分の1程度しか耐性が無いため、ちゃんと芽を取ってあげましょう。
歴史的に見ても中毒症状が起きているのは子供が多いです。

●加熱したら消える?
 耐熱性があるためお湯でゆでただけでは消えません。
但し揚げるなどの高温処理をすると減少するらしいです。

但し水性であるため水によく溶けます。皮を切ったジャガイモを水に漬けておき、その水を捨てれば殆ど無くなります。
ジャガイモを水に漬ける習慣は昔の人の知恵かもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト